株式投資におけるIRの重要性

株式投資において会社のIRを見る利点は、余計な雑音が入っていないという点にあります。通常会社のIRは業績について淡々と記載されており、その会社の願望や希望といった未来において不確定な要素が含まれていないので、その会社の現時点での結果が記されているわけです。業績を数値化されて記されているうえに、不要な会社理念等がないのは利点に成ります。その会社の株を買うに値するか検討するうえでの重要な情報源で有ることには違いないので、投資家は常に色々な会社のIRをチェックし、投資をする対象に成るか吟味されていることに成ります。投資家はそれだけで購入銘柄を決めるわけではないですが、購入前にチェックし、銘柄購入後もその会社の情報をしっかり監視しながら保有株をいつまで持ち続けるのか、手放すのかを思考している事に成ります。

企業におけるIRの大切さ

近年IRという言葉を新聞で目にしますが、これは、InvestorRelationsの先頭2文字を取った言葉です。日本語に直すと投資家との関係になります。企業と投資家との関係が昔より更に重要になってきております。特に個人投資家に対してです。企業の株は昔は、銀行、保険、機関投資家、関係している企業が持っておりました。もちろん、個人の株主もいましたが、それは機関投資家に比べるとわずかです。しかし、株価の時価が企業の損益に大きく左右するように法律が改正されてからは、企業の株の持ち合いが減ってきました。個人の株主が株を購入するようになると、安定的に株を保持してもらうために、株主に対して会社の情報を案内するようになりました。それがIRの始まりです。企業は株主の物というアメリカ的な考えからですが、安定的な株主が増えることは会社にとって株価安定につながります。

IRに求められる内容

IR活動として大切なことはなにかというと、それは、株主に対して、正しい会社の情報を伝えることです。IRはInvestorRelationsという言葉の通り、株主との関係をよくすることです。しかし、企業の広告とは異なります。商品の案内、企業イメージアップのためのコマーシャルは、一派の消費者、国民に向けての宣伝、広告活動になります。もちろん、これらの情報も必要ですが、株主が知りたい企業の情報とは、会社の財務内容、経営戦略、市場動向、売り上げ予測などの情報です。情報を隠して、株価を低迷させると、株を売却されてしまうだけではなく、損害賠償の裁判も起こされてしまいます。そうなりますと、更に株価は下がっていきます。株価低下は企業の損益に大きく左右します。そのためにも安定的な株主へのIRは大切になります。

当社が提供する証券代行サービスは、業務経験年数平均28.4年というベテランたちが携わることによって生まれた、全く新しいサービスです。 年間費用が基本料のみで、株主名簿の取得費用不要で行う証券代行業務をサービスとして取り扱っております。 当社では、証券代行機関として質の高いサービスを良心的な価格で提供しており、お気軽にお問い合わせいただくことができます。 IR活動の強化を図るならこちらへ