IRの見方と個人投資家

株式投資での資産運用では、投資する企業からの情報収集も重要になってきますが、インベスターリレーションズという広報活動も需要なポイントになります。IRという言葉で使われていますが、とくに最近のインターネットでの情報収集ということでは、企業のサイトも簡単に見ることができますので、どのくらい個人投資家に正しい情報を開示しているかということも重要になります。最近大手企業の不祥事で倒産するか身売りするかということで問題になっていますが、その企業でも、あとからあとから不利な情報が出てきて、投資家がわからない情報ばかりだったということで、問題というよりも、呆れているという感じになっています。その企業もIRはしていましたから、正しい情報を開示していなかったということになります。その点も問題点ということになります。

個人投資家とIRの方法

株式投資ということでは、企業のIRの情報も非常に重要で、とくに投資をする場合には、投資先の企業自体のさまざまな情報から判断して、その価値を買うということになります。そのためには、企業側も安定株主を多くするということで、情報公開もできるだけわかりやすく、投資家に提供する必要があります。また、色々な人たちが見るということで、初心者にもわかりやすくできている場合も多いということになります。作っている企業側の基準で出来ている場合には、それだけでも、顧客に優しくないという社風ととられます。それで分かりやすい内容になっている場合が多くなります。基本的な仕組みもあるということでは、より有効な作り方ができるように業者を選んで依頼するという方法も考えておくべきではないかということになります。またサイト自体も見やすさがポイントになります。

株式投資とIRでの情報公開の必要性

株式公開をしている企業では、投資家に優しい企業としてのイメージを作らないといけないということで、IRに力を入れてい企業が多くなっています。情報公開をすることで、企業をよく理解してもらい、投資対象として選んでもらうということのために、力を入れているということになります。非上場の企業は、航海の必要がないため、IRを行っていないところがほとんどですが、株式公開している場合には、IRの質が非常に重要になってきます。ただ公開すればよいということではなく、理解してもらい、賛同してもらうということがポイントということになります。経営方針や手腕もわかり、どの方向に向かうのかということもわかるようにしておくと、賛同者も得られやすいということになります。見方を作っていく方法のひとつとも言えます。イメージということでは、非常に重要です。